FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

グッバイ・バアチャン 

半年以上のごぶさたでごす。
実はワタクシの実母の危ない状態が続いていたため、更新もひかえておりますた。

しかし、1月7日、実母(通称:バアチャン)は旅立ちますた。
新年を迎え、危篤状態が続いていたんですが、今週末にマミさんのライブを控え、このタイミングしかないっていう日にグッバイしていきますた。
バアチャンもマミさんの歌の大ファンでありますて、重い身体を持っていてはライブに行けないんで、身軽になりライブ会場へフワフワ出かける企み、とワタクシは思うのであります。

バアチャンに関してはワタクシもマミさんも語りつくせないほどの思い出があります。
またそれは今後少し紹介もさせていただこうと思っておりマス。

とりあえず「みなさま、ごきげんよう!あちらでお持ちしてます。お世話になりました♪」とのことであります。
ありがとうございました。
バアチャンKIMG0378
<施設のパーティで>バイチャ♪
スポンサーサイト

[edit]

人生フルーツ♪ 

hiro1-242.jpg

名古屋今池で映画をみてきますた。
今池といえば名古屋でもディープというかアングラ色の強い娯楽街であります。
小さな演劇場やライブ小屋、怪しげなお店など、どうだっ!てな感じなのであります。
ヒロさんも若かりしころ「今池ジャンジャン」なんて背伸びして行きますた。
hiro1-243.jpg

映画はこれであります。
この劇場も同日、ポスター左上のチラシにあるように、この映画の後には「ロマンポルノの歴史」みたいな上映スケジュールで、面白いんであります♪

50席程度の小屋であります。
当初この日は11時の1回上映の予定でありますたが、連日の人気で急遽9:20から追加となったのであります。
んで、ヒロさんたちは8時45分頃に行ったのでありますが、すでに100人近い行列が・・・
老若男女、すんごい人出でごす。

これはダメかと思いきや、入口付近で劇場のお兄さんが「席、ラスト8です!」って。
ひえ~、んっ?数えたらマミさん7番目、ワタシ8番目!
よかった~♪

んでも、入ってみたら臨時の座椅子があと1席。
ギュウギュウの座椅子にはマミさんが、ヒロさんは若者のライブではありませんがスタンディングとなりますた。
hiro1-241.jpg

ヒロさんはン十年ぶりのスタンディングライブでありますたが、約90分感動の映画で疲れはありまッしぇん!
マミさんはお尻がかちこちになってしまったようであります。
hiro1-245.jpg

2月3日まではこの劇場で上映されるようであります。
お出かけには平日でも30分前でないと厳しいかも♪
hiro1-244.jpg

[edit]

バアチャンの覚醒・・・3 

くも膜下出血で倒れ、以来10年近く施設でお世話になっているバアチャン(ワタクシの実母)。
今年3月には再度脳出血があり、その時点ではお葬式の心構えもしていますた。
が、あらら、あらら、何度目かの蘇り、不死身のバアチャンとなったのであります。
しかし、4月以降食べなくなり発語もほとんどなくなりますた。んでも、穏やかに静かに時を過ごしているのであります。

バアチャンは倒れる前は音楽好きで、自分で電子ピアノで唱歌をひいたり歌ったり。
んで、特にマミさんの歌は好きで、ン十年も前からファンなのでありますた。

んでも、マミさんのステージを見たのは多分愛知万博のときが最後くらいかしらん?
んで、マミさんも何年ぶりかのライブを始めたんで、先日のビデオをバアチャンにみせたのであります。
そしたら反応が早い、速い!
目つきはピシッと姿勢もシャンと。
聴き入るうちに、涙と鼻水と涎が三位一体となって顔中がクシャクシャでありますた。

音楽、バアチャンのどこにどれだけその記憶のお宝が眠っているのかわかりませんだす。
要介護4であっても、音楽で覚醒された意識、記憶は溶解度5なのであります!
hiro1-170.jpg

[edit]

バアチャンの覚醒・・・2 

hiro1-144.jpg
hiro1-145.jpg

バアチャン(ワタクシの実母)がお世話になっている施設で、恒例の夏祭りがありますた。
もう、何度目でありましょうか?
hiro1-148.jpg

しかす、今年はもう参加もないかな、と思っておりますた。

3月に救急入院した時点ではマミさんとお葬式の相談をしますた。
「ウチは兄弟もないし、子どももないし、義理もないし、面子もないし・・・バアチャンが一番喜ぶのは、最少家族のヒロさんマミさんアイシャで送ってやることかなあ・・・」なんてゆってますた。
事実、4月以降ご飯も食べず、置かれている環境で今風の即身成仏なんて~カッコイイことを考えているのかなあ、なんてことも思ってますた。
先のブログでも書きますたが、最近ではほとんど発語もなく、反応も希薄であります。

しかし、宇宙人マミさんは「バアチャンにホメオパシー試してみよか!」なんて~ことで、
※〇△☆◇・・・とかいうレメディを水に溶かしたものを持って、夏祭りに出かけたのであります。
マミさんがバアチャンにスプーンでその魔法水を少しづつ飲ませますた。

あれよ、あれよ~、目つきも姿勢もシャッキリしてきますた。
プリンやゼリーも食べます。
マミさん:「今、季節はなに~?夏~?冬~?」
バアチャン:「ふ・ゆ!」キッパリ! ま、い~か。
ついにはチンドンに合わせて手拍子であります!
リズムの違いに気が付き涙を流して笑っております!
hiro1-146.jpg
hiro1-147.jpg

マミさんは先日、ホメオパスの試験を受けてきますた。
これで多分、認定のファミリーホメオパスってことになるのでありますが、
認定とかっていう問題じゃなくて、その発想・レメディ選択はマミさんの不思議な力なのであります。
バアチャンも今やロジカルな部分がほとんどないので、素直に何事も受け入れることができます。
hiro1-149.jpg

今度、音叉もやってみたらどうなるんじゃろ?

ウチは世の多くの「家族」とはあり方が違い、マイノリティの極みかもしれませんだすが、
マミさんとの人生はとても刺激的で楽しいのであります。☆☆☆

[edit]

バアチャンの覚醒 

施設でお世話になっているバアチャン(ワタクシの実母)でありますが、3月に脳梗塞で入院して以来、施設に戻ってからも100日以上ご飯を食べていません。
液体以外口にしません。お腹も空かないようであります。
ついに五穀断ち「不食」の域に到達したのかしらん。
hiro1-140.jpg

入院以来、発語もほとんどなくなり、会話も難しくなりますたが、感情はピュアなようであります。

マミさんが「今度、6年ぶりに歌うよ!久しぶりのライブやるよ!」と言ったら、
嗚咽し涙を流しました。
そんでもって嬉しそうに長らくパチパチ手を叩き続けますた。
「また、ビデオもってくるでね!」の言葉に、
嬉しそうにうなづいております。

マミさんの「うた」は、バアチャンの記憶・心のひだにふか~く刻まれているのであります。
他のことへの反応は希薄になってきてんのに、不思議なのであります。
hiro1-141.jpg

[edit]