FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

八ヶ岳デイズ・・・オオルリみっけ! 

ちょいと前の八ヶ岳。

いつもの秘密の散歩道♪
ルルルン♪
sizen153.jpg
途中にはモアイ像もあるでごす。
sizen154.jpg

んで、信玄棒道に合流してしばらく、散歩道沿いの個人山荘。
「へえ~、オオルリ山荘だって~、オオルリがいるんかなあ~」
なんてマミさんと話してたら、

「ちょっちょっと!アレアレッ、オオルリがいるっ!」
とマミさん!
あわててカメラをカシャカシャ!
sizen157.jpg
sizen156.jpg

残念!50mmレンズしか持ってきていないでごす。
ワタクシは詳しくないでごすが、確かにオオルリのようでごす。
「めったにみられないんよ~」
カンゲキ~♪

なんか、この日の前日も三分一湧水公園で、マミさんがヒバリの話をしてたら、突如ヒバリが現れさえずってくれたし、サクラ吹雪の話をしてたら突風が吹いて桜が舞ったし、夕方散歩で風が強くて寒いね~なんて話をして、休憩で腰をおろしたらピタッと風がやんで気持ちよくビールを飲めたし・・・不思議ですねん!「通じてるねん・・・」マミ談♪

とにかくオオルリにあえますた♪
sizen155.jpg



スポンサーサイト



[edit]

八ヶ岳デイズ・・・百花繚乱? 

GW前半はいつもの八ヶ岳でごす。
標高差があるんで沢山の花が咲き乱れ?んにゃ、整然と営みをされてるでごす。
sizen148.jpg
sizen149.jpg
sizen146.jpg
sizen145.jpg
sizen144.jpg
sizen147.jpg
あっ、失礼!
これはJマートで買った花ですた。
sizen150.jpg
あっ、失礼!
これは花より〇〇〇〇ですた。
ごっっつぁんですた♪
sizen151.jpg
ヤッホー!八っ峰ー!八ヶ岳!
あっ、失礼!
これは南アルプスでごした♪
sizen152.jpg
またね~♪

[edit]

散れない桜? 

hiro1-345.jpg
例年は4月第一週がピークなのであります。
近くの公園の桜まつり!
今年はまだこんなでごす!
hiro1-346.jpg
hiro1-344.jpg
昨日は終日よく雨が降りますた。
今日は朝から強風であります。
にも拘わらず、写真は12日午後6時過ぎのものであります。
なんか、とっても寒いし。
んでも、花より〇〇〇の我々でありますた。
hiro1-347.jpg
桜も散り時を悩んでいるようでごす。
楽しみましょ~♪

[edit]

大鹿村騒動記 

大鹿村では昨年11月からリニア関連の工事が始まっており、今月中には作業事務所など拠点施設ができるそうでごす。
sizen136.jpg

村議会で過半数の賛成を得られたための着工だそうでごすが(7名のうち4名の賛成)、村民の大半は納得していないそうなのであります。
賛成した村議会議員さんは工事で潤う一部の関係者のみなさんとの話であります。
sizen137.jpg
5年前の映画で「大鹿村騒動記」ってのがありますた。
俳優の故・原田芳雄さんの「ぜひこの地で映画を」という強い思いで作られたそうでありますが、この映画の冒頭部分でもリニア関係の会議シーンがありますた。
土建業の重田権三(石橋蓮司)と白菜農家の柴山満(小倉一郎)が賛否で対立する中、「会議より歌舞伎の稽古!」といって席を立つ主人公風祭善(原田芳雄)がありますた。
sizen138.jpg

中央リニアに関しては急浮上した計画ではあるものの、この映画の製作当時にはいろいろ議論があったはずであります。
んでも映画ではそこそこ、冒頭の2、3分、ちょいと展開やキャスティングを際立たせる程度にしかリニアは使われておりません。
もちろん娯楽映画なんで、当然なんであります。
んでも、この映画が遺作となった原田さんは、「美しい村」を世間に紹介する中で、この村を襲う魔物にも関心を持ってもらうよう、敢えてリニア問題をコミカルな色づけとして使われたのではないかと、ワタクシは感じております。
sizen139.jpg
映画の発表から5年たったいま、工事は始まってしまいますたが、村民の多くは未だ納得していませんし、自然や健康や未来を大切にする様々な団体やみなさんも反対活動をされております。
一方中部圏の経済界ではリニアインパクトで盛り上がってきてます。
ワタクシは是非をいえるほど見識を持っておりませんが、しかし、こんな記事を読むと???なんであります。
リニア地元説明会記録
リニア建設予定地を訪ねる

「大鹿村、大騒動」なのであります。
sizen143.jpg

若かりし頃、静岡県大井川をさかのぼり、畑薙地区から赤石山系を縦走させていただいたことがあります。
中央構造線なんであります。分杭峠もあるのであります。
sizen140.jpg
sizen141.jpg

手付かずの大自然が南アルプスには残されています。
sizen142.jpg





[edit]

トラスト運動 

sizen132.jpg
ナショナル・トラストって、英国で組織された団体でピーター・ラビットの作者も参加されていますた。
その活動は自然や景観を保全するため、有志でその周辺の土地などを所有するものでありますが、その活動はトラスト運動ってことで世界中いろんな事案で実例があるのであります。
sizen133.jpg

んで、こんなトラスト運動をみつけますた。相模原市にあるトラストでごす。
関心あります!愛知万博の際もトラストではありませんが、海上の森を守る市民運動が会場計画をかえますた。


再生可能エネルギーってことで、自然にやさしい、なんて免罪符をかざしながら自然や景観を破壊しているエセエコロジーに太陽光発電所があります。
sizen135.jpg
メガ・ソーラーなんていうすんごいのもありますが、大好きな八ヶ岳南麓でもおじゃまするたび、ちょっとした森が太陽光パネルに変わってしまってたりします。
大規模な開発であれば署名やトラスト運動で阻止もできるんでしょうが、個別の開発に関しては特段の規制がなければ欲の暴走は止められないのであります。
もともと原発がなくってもソーラー発電がなくっても、消費を抑えればいいのであります。
sizen134.jpg
んでもって、電気の大食いチャンピオン、リニアができたらせっせと原発で発電してもらわなくっちゃ、我慢を忘れた我々の快適な白痴文化生活は担保されないのかしらん。

[edit]