FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

今日は何の日? 

今年の春にお亡くなりになったソウルシンガー、ベン・E・キングさんの生きていれば77回目のお誕生日であります。
music036.jpgmusic035.jpg

ベンさんといえば、そうです、皆さんご存知「スタンド・バイ・ミー」の作曲者であります。ジョン・レノンのカバーが有名ですので、ジョン・レノンの曲とも思われがちのところもありますが、ソウル界の御大、ベンさんの曲なのであります。

ベンさんはソウルグループ「ドリフターズ」のリードボーカリストでありますた。
(いかりや長介さんのグループではありません、当時のヒット曲には日本では越路吹雪さんで有名な「ラストダンスは私と」があります)
music039.jpgmusic040.jpg

グループから独立してこのスタンド・バイ・ミーを発表し、レノンのカバーや映画の主題歌なんぞで世界的不滅のヒットソングとなりますた。

ワタクシはベンさんが確か一昨年かその前、東京ジャズで来日したときのTV放映で元気なお姿を拝見しますた。
このときのステージはこれまた昨年お亡くなりになりますたが70年代フュージョン界を席巻したジャズブラコンバンド「クルセイダース」のピアニスト、ジョー・サンプルさんも出演されており、ひじょ~に価値あるライブなのでありますた。
music037.jpgmusic038.jpg
このときの出演者の皆さんが皆「ベンさんとの共演は夢のようだ」、と語っておりますた。ジャズ、R&Bの世界では神さまベン・E・キングなのであります。

また、映画の「スタンド・バイ・ミー」もワタクシの中ではこれまでの人生でもっとも印象的であった作品の一つであります。
4人の悪ガキ仲間が死体探しの冒険に出て、いろんな体験の中からいろんなものを学んでいく、っていうストーリーなんどすが、世界中のたくさんの悪ガキOBは皆共感を覚えたのではないでしょうか。
music042.jpgmusic041.jpg


曲「スタンド・バイ・ミー」の源泉は黒人霊歌です。
ベンおじさん、77歳おめでとうでごす、安らかにお休みください。
スポンサーサイト

[edit]

ボーダーコリーのアイシャ その12 

お前、何者じゃ!勝手にトウチャンの椅子にのけぞりおって、狼藉者め!
aisha0-62.jpg

おいどんは「ZO-3」初期型、20年近く前からいるですばい!
あんたこそ誰ですばい?
aisha0-63.jpg

オラのバックが目に入らないとか!アイシャでごわす。
(このシャツはワンパラさんのポイントでもらえます。もう何枚たまったかしらん。また来月もらえそう♪)
aisha0-64.jpg

ZO-3、ゾーサンであられますたか♪赤い象さんも珍しいですたい♫
おらの眼鏡、トウチャンのオークリー?、素敵ですたい♪
aisha0-65.jpg

へんな薩摩・鹿児島弁で失礼すますた。

テーマ: ♪ボーダーコリー♪

ジャンル: ペット

[edit]

お彼岸 

spi011.jpg
本日はお彼岸のお中日。
っつーことで地元では戦没者物故功労者追悼式つーのがありますて、ワタクシも役員として出席するのでありますた。
お彼岸っていうのはパーラミタ、波羅蜜ってことで、太陽が真西に沈むことから、そちらへの世界までが最短になるということらしいでごすが、お日様の動きやお月様の動きは、人間を含むあらゆる生物の営みに密接に関係している訳でありますので、信仰の壁を越えて夏至・冬至・ぼた餅とおはぎのお彼岸は特別の日なのでありましょうなあ。
spi010.jpg

戦後70年でありますが、戦没者のご家族も少なく、また高齢化されております。
戦争の大義はともあれ、国のため家族のためと命を捧げられた皆さん一人ひとりのことは忘れてはならないと思います。
spi012.jpg

たまたま、役員で追悼式に参加させていただきますたが、普段無関心でいる分、贖罪の気持ちを込め合掌させていただきますた。

先日、硫黄島のドキュメントを観ますた。ピューリッツア賞の写真は有名だす。しかし、旗を立てた米兵も立てられた日本兵も皆犠牲者ですた。
spi013.jpg
映画では渡辺健さんが指揮官「栗林中将」を演じられています。
留学経験があり米国事情にも詳しく、どういう結末を迎えるのかわかっていたにも関わらず、語らず身を委ね、本土への攻撃を一日でも遅らせるため劣悪な環境で踏ん張った、現在の豊かな?日本では想像できないのであります。
spi014.jpg

硫黄島には、まだまだ無数の遺骨が残されているようであります。
魂の所在はわかりませんだすが、平和な日本に帰りたかった無念さ、平和を希求する思いは遺骨という形でいつまでも訴え続けるのでしょう。

[edit]

ひかりのさとファームレストラン 

以前もご紹介しますたが、再度、画像付きでのご紹介でごす。
隣町、車で10分程度、社会福祉法人さんが営まれるカフェであります。
gourmet046.jpg

働く人にもお客さんにもお店も心もバリアフリーでごす。
オーガニックな食材やクラフト、フェアトレードのコーヒーなども扱っていらっしゃいます。
店で扱う天然酵母パンは隣の工房でつくられております。

本日マミさんは洋ランチ。どっさりポテトのトーストにこちらの農場でとれた平飼い有精卵のオムレツにグルテンバーガー。
とても食べきれず、いつもトースト一切れワタクシがいただくのであります。
gourmet047.jpg

ワタクシはカレードリアでごす。薬膳って感じだすが、さっぱりコクのあるカレーでごす。
gourmet048.jpg

どれもシンプルに美味しくボリュームたっぷり。ビジュアル的にも素朴であります。
安心安全に美味しいものをいっぱい食べてほしい、っていうお母さんの味であると思うでごす。
スタッフさんやお客さんもいい感じでホッコリするのでありますた。

gourmet049.jpg
近くには豆蔵さんも。ウチの近所にもあるんだすが、ちょっと品揃えもちがうかなあ。
でも、豆乳プリンは定番ですなあ(^^♪

[edit]

デトックスデー 

久しぶりにマミさんが毎週通う名古屋の学校へおじゃますますた。
hiro1-40.jpg
先回ワタクシも驚きますたが、やっぱり珍しいんでしょうなあ、若者が写メールしてますた、出汁の自販機!
hiro1-41.jpg
名古屋にもアルヨ、アルプス!槍ヶ岳や北岳のアルプスだけではないのだ!
hiro1-42.jpg
異様な香り漂うディープな市場通りを抜け、
hiro1-43.jpg
ミッドランドスクエアを仰ぎ見て、
hiro1-44.jpg
海抜2mの柳橋付近、
hiro1-45.jpg
マミさんの通う名古屋スクールがあるのであった。

本日は公開講座で校長であられます「ゆ〇と〇こ」さんの講演会なのでありますた。
同種療法のことはマミさんが日常的に実践してくれているので、不真面目なワタクシでも何となくわかるのであります。
と〇こさんの話は具体的に記せませんだすが、真理に向かっている方のお話はアプローチはちがってもピークは同じであります。
一つ、「厳しい人生を歩んでいる人は、やる気があって転生してきたんだ、神に愛されている人なんだ」「自分を愛せばいいんだよ!」
ってなことかな?
人間「と〇こ」さんの力強さに惹かれるでごす。

hiro1-46.jpg
帰り道、オープンカフェ、ザ・モルツ100円也、
hiro1-47.jpg
ミッドランド1Fでも特設ワイン・テイスティングイベント!

ん~、ごっくん、いやいや今日は毒出しの日なのであります。
お疲れさまですた。

[edit]

E♭の壁 

ほぼ毎朝観てます、国民的番組、NHK朝ドラ「まれ」。
music047.jpg
これまでちょっと中だるみ感もありますたが、佳境に入り一機にエンディングに向け盛り上がる気配でごす。

music044.jpgmusic043.jpg
先週放送だったか、タカシ君が作曲したマキちゃんの応援歌ということで主題歌の替え歌が紹介されていますた(ドラマをご存知ない方には何のことやら?すみませんだす)。

別に難癖をつけるものではありませんのでまずお断りをしたうえで、なおかつ独断に満ち満ちたコメントをすます。

この曲のキーはE♭メジャー(変ホ長調)からサビでFメジャー(ヘ長調)に転調するというものでごす。
music045.pngmusic048.png

作曲者のタカシ君はギター弾きでごす。実はこのキー、タカシ君のようなギター弾きはまず手を出さないキーなのであります。
ギターにはその特性上、C、G、D、A、E、(ハ調、ト調、ニ調、イ調、ホ調)といった♯系のキーが馴染むでごす。
クラシックみたくしっかりしたメソッドに則って学習したギタリストならともかく、多くの在家ギタリストは5線譜に♭が記される楽曲は苦手なのであります。
だからフォークソングとか、ブルースとかロックとかギターが中心になっている楽曲では♭の多くつく曲は極めて少ないのであります。(クラプトンでもほとんどないし、ビートルズでもマレだと思うだす)

それは何でか?ギター弾きの良い子たちならわかっていますが、♭系のコードは極端に押さえにくくなるのであります。また開放弦を使えなくなるため、特にアコースティックギターについては開放弦のまさに「解放」されたジャリラ~ンというダイナミックな音がスポイルされることにもなるのであります。
music046.pngmusic049.jpg

ただし、ブルースと言ってもジャズ・ブルースの場合やジャズバンドでのアレンジでは圧倒的に♭系の楽曲が増えるのであります。
それはトランペットやサックスなど、管楽器に関しては♭系が演奏しやすいため、ジャズのセッションではギタリストが「いやだ~」といっても多数派が♭好き軍団であるからやむをえないのであります。
(もっともジャズを演ろうと志すほどのギター弾きには「♭の壁」は過去のものでしかありませんだす。)

で、このドラマのタカシ君が作った曲としてはちょっと不自然さを感じるのでありますた。(実際の作曲者である澤野さんはピアノ奏者でありオーケストレーションを学んだ方らしいです。)
すっごくどうでもいいことをつっついているのでごすが、ちょっと気がついた話題として提供させていただきますた。

[edit]

ご長寿、バンザイ! 

本日は地元の敬老会のお手伝いでごす。
フラダンスのショーもありますた。
hiro1-38.jpg

一応、敬老会の対象は75歳以上でありますが、今時のお年寄りはお若くなられますた。
日本の100歳以上は約6万人だそうでごす。お元気な100歳は素敵なことでごす。
hiro1-39.jpg

ところで、「敬老」っていうのは敬うべき老人ということなのか、無事に長命で老いたことを敬うのか、何なのかよくわかりませんだす。
短い命だったから必ずしも不幸という訳ではないですし、逆も然りだす。
死んだらおしまい、と思っている人と、そうではない人との死生観・人生観、これほど相反する価値観がありながら、同じ時空間を生きている不思議さ、不条理さ、っつーのは、実はとっても意味あることと思うでごす。

ワタクシも遠くない将来に紅白のお祝い饅頭がもらえるでごす。
いろんな意味で「敬老」を実感できる年寄人となっていたいと思うのでありますた。

[edit]

アイシャ、留守番 

土日っつーのに、カアチャンは山梨へ。
トウチャンも地元のお役目。
aisha0-59.jpg
あ~カアチャン行ってまった。

aisha0-60.jpg
オラもう寝るしかねえ。

aisha0-61.jpg
ゴロゴロは得意技ですばい。

はい、また明日♪

テーマ: ♪ボーダーコリー♪

ジャンル: ペット

[edit]

天気、あれれ? 


hudoki066.jpg
三河の地では未明までの雷雨もあがって、久しぶりの晴天ですた。
傘の心配がいらなかったのは今月初めてじゃないかしらん。
風もすっかり秋風でごす。
しかし、昨日今日の雨で関東地区はじめ甚大な被害を受けられた地域もたくさんあるようです。
心よりお見舞い申し上げます。

でもなんか変な天気だす。
夕方の空も、夏、秋、冬が混在したような、不思議な雲たちの姿で溢れていますた。
hudoki067.jpg

[edit]

八ヶ岳美味しい 

yatu060.jpg

先日、久しぶりにおじゃましますた。キッチンオハナ。
八ヶ岳周辺にはいろいろたくさん飲食店はあるわけでごすが、その中でもマクロビ、ベジ、ビーガンのお店というのもたくさんあって、人口比でみるとオーガニックなお店の割合というのはすんごく高いのではないかと思うでごす。
またまたその中でもこちらのお店は大好きなのであります。
yatu061.jpg

マクロビを基本とされており、限定された素材でありながら味も見た目も犠牲にしていません。
むしろ個性を活かしてミラクルな料理に仕立てています。技と工夫とイマジネーションで素晴らしいクオリティを提供されておるのであります。

現地の友人に聞くところによると、こちらのシェフさん、以前は銀座の有名店で活躍されていたとのこと。十分納得。
yatu062.jpg

毎回納得の満足を得られるのであります。
マミさんもこちらの料理には力がある、身体が喜ぶ、と表現しております。
yatu063.jpg

また、今回は夏休みであったということで中学生の長男さんが手伝いをされていますた。
パパシェフさんにいろいろ教えられながらの彼の接客はとても気持ちの良いものですた。
素敵な家族にもてなされる至福のランチなのであります。

八ヶ岳方面へお出かけの際はぜひお立ち寄りくだされ。(時間にはゆとりを持って、事前予約をお勧めします)
ごはんは幻の「農林48号」玄米、おかわりできます!

[edit]