FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

ボーダーコリーのアイシャ 春ですなあ 

aisha1-24.jpg

名古屋地方、本日の日の出時刻、6時24分だす。
ちょいと前まではこの時間、真っ暗だっただすが、明るくなりますた。
オラの好きな銀河鉄道も赤い電車になってるだす。
aisha1-23.jpg

今日もカアチャンお出かけでごす。
トウチャンも退屈しとんで散歩に連れていかなきゃいけんだす。
しょうがないなあ~
aisha1-22.jpg
スポンサーサイト

テーマ: ♪ボーダーコリー♪

ジャンル: ペット

[edit]

ボーダーコリーのアイシャ わんわんパラダイス 

久々、八ヶ岳ワンパラだす。
2月というのにとってもあったかでありますた。
yatu075.jpg

今回はオラたちが初めておじゃました頃からのおねえさんやワンコ達、他にもスタッフさんが替わられてちょいと寂しい感じもあるだす。

でも、やっぱオラにとってはパラダイス、ジッとしちゃおれんのであります。

yatu078.jpg
yatu077.jpg

あったか~、って思っていても雪は残っているのであります。
トウチャンもカアチャンも、こーゆーとこ好きなんでズンズン歩かされるだす。

オラ、靴はいてないんで冷たいだす。
カンベンしてほしいだす。ホントに~。
yatu076.jpg

テーマ: ♪ボーダーコリー♪

ジャンル: ペット

[edit]

清里へ行った4 

2月の厳寒期、この時期八ヶ岳観光エリアでは「寒いほどお得フェア」なる企画があります。
加盟店での飲食やお買い物、宿泊などのお値段が清里の朝の気温によって割引率が決まる、なんていう面白い企画であります。
マイナス5℃度以下ですと50%オフ、0℃からマイナス5℃では30%オフ、なんて具合であります。
yatu072.jpg
yatu073.jpg
清里清泉寮ショップも対象であり、昨年はバレンタインウィーク限定のチョコソフト、定価360円を180円でいただきますた。
が、今年はなんと定価も値上がり400円のソフトを400円でいただきますた。
て~ことは割引0%、プラス5℃以上の朝なのであります。

本日の割引率、ご覧くだされ、基準気温もプラス8℃であります。
yatu074.jpg

2月の清里ももう何度目かなあ、でもこの温かさは初体験でごす。
なんか地球の軸とかブレてんのかなあ~、なんてことを思いつつ、
普段のジャージーミルクソフトもいいけど更においしいチョコソフト、ワタクシは大満足なのであります♪
yatu071.jpg

[edit]

修行?その2 

前回の続編であります。

修行とは悟りを得るため僧侶が難行苦行に身をおくことと申しますた。
これは言葉の意味として間違ってはいませんだす。
hiro1-97.jpg

しかし、ワタクシの思うには俗世を離れて一心に念仏を唱えるということは、そのお坊様個人の目的と手段がはっきりしていて修行としては比較的わかりやすい内容であると思うでごす
(もちろん内容はワタクシに真似できないキビシイものです)

小乗といいますか選ばれた(選んだ)人にしか体験できない特別な世界だと思うのでごす。

でもワタクシたち地球人みんなが生きることの目的をキチンと理解しているのであれば、万人にとってこの世そのものが修行の場
であるということも理解できるのでないでせうか。

生きる目的=霊性を高める≒悟りを得る、っていうことだと思うのであります。

この世に生きること自体が難行苦行なんであります。
だから、それを無意識で知っている赤ちゃんは母ちゃんのお腹から出されるとオギャーオギャー、いやだ~いやだ~と泣き喚くのであります。
hiro1-106.jpg

(笑って生まれてくる子はいないと思うだす)

だから俗世であっても辛い悲しいやりきれないことに、逃げず乗り越えていく体験(たまには逃げてもいいけど)、これをいくつも重ねることがが霊性を高め、この世を修行の場として選んだ魂にとって悟りを得ることとなるのであります。
hiro1-107.jpg
その境地こそがあちらに帰る時の立派なお土産になるのであります。

っていうのがワタクシなりの修行という言葉の理解であります。

独断偏見まみれでありますので、何言ってんだ~なんて思って読んでいただければ結構でごす。

でも、この世の艱難辛苦も感謝の気持ちで向き合えば案外いろんなことを気づかせてくれるものだと思うだす。
その気づきのありがたさは、体験してきた難行苦行なんて、ちっぽけなものだったんだなあ、と思えるほど価値のあるものなのであります。
(と、きっと思うのであります)

hiro1-99.jpg
(これはちょいと違うかなあ?)
hiro1-100.jpg
(これの方が少しちかいかなあ♪)

[edit]

修行? 

朝仕度をしながらNHKBSで再放送中の「どんど晴れ」をチラチラ観てます。
10年くらい前のドラマだすが、ありそ~だけど絶対ありえへんやろ~、っていう正しい日本のTVドラマっつー感じで楽しいのでごす。
hiro1-93.jpg

んで、ちょいと変なところが気になるイヤミなヒロさん。

岩手の老舗旅館で女将修行をしている主人公、という設定でありますが、そもそも修行って?(修業という書き方もありますが、多分こちらの修行でありましょうなあ)

いろんな修行があるでごす。女将修行、武者修行、板場の修行~♪

「修行」、ブッダの道においては、悟りを得るため敢えて苦しい境地に身を置きひたすら自己を傷める難行苦行、高い精神性を基盤とした鍛錬のことをいっていると思うでごす。
hiro1-95.jpg

空海の室戸洞窟百万遍や延暦寺阿闍梨の千日回峰みたく難行はじめ、永平寺の雲水さんや街中を歩く托鉢さん達、ブッダに近づくための頑張りを修行というのでごす。
hiro1-94.jpg

しかし、現代版「修行」とは、自ら目標とする理想の姿に近づくために禁欲的に頑張ることを修行というのであります。

女将の業、剣の技、料理の味、これらを極めるのもそれぞれの世界では悟りを得るのに近い努力が要るのかも知れませんだす。
hiro1-96.jpg

どうでもい~ことを書いてしまいますた。
ご無礼しますた♪

[edit]

医療費? 

ちょうど3年前、マミさん(ワタクシの奥様)は旅先の八ヶ岳で呼吸困難になり諏訪赤十字病院へ救急搬送されますた。
それを機会に一切の医薬品、医療機関から遠のいております。
現代医療とは縁を切り、食の改善を進めホメオパシーと音叉ヒーリングで身体の排毒と体質の改善を進めております。
hiro1-104.jpg

ワタクシには詳しいところはわかりませんが、これまでン十年悩み続けてきたからこそ、確かなものとの親和性が高いのでありましょう。

医療と縁を切るってことは、どちらかというと(いわなくても)健康には恵まれてきたワタクシには理解できないほどの頑張りが必要だったと思うだすが、ここ3年間で我が家が使った医療費は0円なのであります。
(ワタクシも含め、但し施設にいるバアチャンは除く)

もちろんホメオパシーと音叉の学習費やオーガニックで割高な食材費など、コストのことを考えれば医療費をうんと上回るものかもしれませんだすが、同じコストでも支出の喜びは180度異なるのであります。
病気になってお金を払うことに喜びを感じる人いませんでしょ?
hiro1-101.jpg


んで、ちょいと話題は変わりますが、ワタクシたちは日本に住む限り医療費は使わなくても健康保険料は払わなくてはいけないのであります。
んで、その保険の対象となるのは認可された医療であり医薬品なのであります。
hiro1-102.jpg
(※画像とコメントとの関連はありません)

これ以上は書きませんが、ホントにヒトが人らしく重病にも認知症にかかることもなく健康に長生きし、ピンピンコロリ、元気に旅立つためには何が必要なんでしょ?

異論があっても社会のルールは守らなければいけません。
んでも、その中で何を選択していくかは全く自由でごす。
すべて自分のためです。しっかり考えましょ!



※確定申告の季節でごす。
お医者にたくさんかかった人の負担を還元する「医療費控除」。
んなら、医療費を使わず保険会計に貢献した人にも「医療費ありがとう控除」なんて~のがあってもいいじゃないの~
hiro1-105.jpg

[edit]

バレンタインデー直前! 

イベントですから楽しめばいいと思いますが、
送るんならフェアトレードのチョコにしましょ~!
安いチョコレートができるのはカカオ豆を安く買い叩いた結果であります。
hiro1-92.jpg

収穫に従事している子どもたちは学校にも行けず、
ましてチョコレートの味なんて知らないそうであります。

適正な対価を支払って仕入れたカカオでできたチョコを送りましょう♪
愛が深まりますです♪
hiro1-91.jpg

[edit]

自治会でバス旅行 

今年度ワタクシ、ヒロさんは自治会の役員なのであります。
年度でのお勤めでありますのであと一月あまりでご解任!
なんて思っていたら諸般の事情によりもう一年お勤めさせていただくありがたいご裁定をいただいてしまいますた。

役員は誰もが避けたいところでありますのでいろんな思いが交錯し、毎年この役員人事は難航するのであります。
ワタクシどもも一年ならば、順番だし、互助の気持ちでやらせていただこう、ってなことでお勤めしますたが、まさかまさかのもう一年!
hiro1-67.jpg
でも、やれるときにやらせていただけるならありがたきお徳積み、
と思っておるのであります。

で、先日、今年度の役員お疲れさん会で神戸&姫路への豪華バス旅行がありますた。
旅行の面々、ほとんど一年前は初対面のみなさんではありますが、約一年自治会活動をご一緒させていただいたおかげで何かと親密にあり、あと一月を寂しく思うおっさんたちなのであります。

何なら皆さん、もう一年やる?
hiro1-68.jpg
hiro1-70.jpg

神戸異人館街風見鶏館前北野町広場、毎週いろんなパフォーマーの技を楽しめるということだす。
hiro1-74.jpg
スプーン曲げフォーク曲げ、手に取らせていただきますたが不思議不思議。フォークの歯がぐんにゃりハート型に。
タネは「気」であるという、○▲※???
hiro1-71.jpg
hiro1-72.jpg
hiro1-75.jpg
hiro1-73.jpg
お調子モンのヒロさんはここでの投げ銭にお小遣いの大半を使ってしまったのであります。

生田神社。神戸の中心部はこのお宮さんの社領であったことから「神戸」という地名がついたそうであります。
hiro1-69.jpg

ポートタワーとそこからの六甲の山並みでごす。
入場料¥700、高いか安いか?考えもせず高いところへは登りたがるのであります♪
hiro1-76.jpg
hiro1-77.jpg

いうまでもありませんでごす。
世界遺産、国宝姫路城。ワタクシあまりお城には興味ありません。
何となく乱世の悲しみ怨念、血糊の生臭さが漂うような気がして。
hiro1-78.jpg
hiro1-81.jpg

んでも、観覧物としてひじょーにきれいでしたし、見ごたえがありますた。
大工の家に育ったワタクシとしては建造物としてなかなか楽しめる内容でありますた。

いつも混んでいてゆっくり見学できないそうでありますが、ワレワレは姫路市内の温泉ホテルで前泊しておりましたので、開門直ちに入城。まだまだ人出も少なくゆっくり見学、中国人観光客の皆さんもまだ活動前ですた。
hiro1-89.jpg

天守閣には刑部神社があるでごす。
宮元武蔵による妖怪退治の伝説にまつわるそうであります。
hiro1-79.jpg
hiro1-80.jpg
何かご利益を求めるんでしょうか、皆さん手を合わせていらっしゃるでごす。
ワタクシは眺望に感動し、浅ましくも昨日のポートタワーとの費用対効果・満足度を比べてしまうのでありますた。

石棺積み。
hiro1-82.jpg
奈良の地から石棺に使われていた石をもってきたらしいでごす。
コレを入り口に配したのは石棺に憑依する怨霊が敵の入場を阻んでくれる、という意図もあったらしい、ってガイドボランティアさんが解説してますた。
ゾゾッ!お城系にはこの手のお話が多いだすね、悪霊退散!くわばらくわばら!

お菊井戸。播州皿屋敷、いちま~い、にま~い、さんま~い、おしま~い、こりゃまた、ウヒャヒャ!
hiro1-90.jpg
hiro1-83.jpg

西の丸化粧櫓。千姫が幸せなひと時を過ごしたそうであります。日差しがよく差し込むのどかなお部屋でありますた。
hiro1-85.jpg

いや~見事な石垣!
黒田官兵衛さん作もありますた。
hiro1-84.jpg
hiro1-86.jpg

近くの広場ではバーガー博覧会なるB級グルメコンテストが開かれておりますた。
西日本バーガー協会主催、そんな団体あるんや。コスプレもクラフト市も同時開催、すんごい人出でありますた。
食べ物の吸引力、恐るべし!
hiro1-88.jpg
hiro1-87.jpg

そんなこんなで、オッサンたちのバス旅行でありますた。
また、来年度もよろしくでごす!

[edit]

認知症介護の責任って? 

2007年12月にワタクシどもの住む隣町のJ○東○道本線、共〇駅で認知症で徘徊していたおじいさんが列車に撥ねられ死亡する事故がありますた。
hiro1-64.jpg
鉄道事業者J○東○は一時運休による代替輸送に要した経費をこのおじいさんの家族に賠償請求しますた。
裁判では名古屋高裁までの二審とも家族に賠償請求を命じる判決がでておりますた。
家族がこのおじいさんの監督義務を怠ったがための事故である、ということであります。

この判決に関して先日最高裁での弁論があり、来月その判断が示されるようであります。

このおじいさんは資産家であり、家族が監督できないのであれば施設へ入れるなり専門スタッフを雇用するなりのケアができていたのかもしれませんので、そのへんの事情もあっての判決かと思うでごす。
hiro1-65.jpg

我が家のバアチャン(ワタクシの実母)ももう10年近く認知症施設でお世話になっています。最近は随分身体も衰えますた。

でも以前は家にいる間目が離せませんですた。
我が家ではワタクシとマミさんと二人しか介護者はいませんだす。
アチャンが施設から戻ってくる一月間はヘトヘトでありますた。
そんな中でもほんの少し、1時間程度目を離したときに家の中を歩き回って転び頭から大出血で救急搬送されたこともあります。

介護にまつわるいろんな事件事故が伝えられますが、その悲しさ、やるせなさは現実に当事者でないと多分わからんのでありましょうなあ。

先のJ○の事故にしても介護者の奥さんが少しまどろんだ隙におじいさんはお散歩に出かけてしまいますた。
それでの事故らしいでごす。

J○東○と家族との感情的な縺れもあるでしょう。
なので賠償の是非はワタクシにどうこういう資格はありませんだすが、なんとも割り切れない気持ちはあるのであります。

元来ヒロさんはあまり社会面には興味がないのでごすが、ちょっと思うところがあって書いてしまいますた。ちょいとシビアでありますた。
ご無礼しますた!
hiro1-66.jpg

[edit]

サル年にふと思っただす 

今年はサル年であります。しかも60年に一度の丙申、60年前の世相はどんなだったんだろ~なんてことを思いつつ、テレビのお正月番組を見てましたら、やっぱおサルさんが沢山登場してくるのでありました。
spi029.jpg

で、改めて気になったことが一つ。ヒトは直立して前足の自由を獲得したからサルからここまで進化してきたのであ~る、と教えられてきますた。
spi020.jpg

しかし、改めてサルの動きをみてみると、木を渡るときも、果物を食すときも、彼らは前足だけでなく後足もあたかも手のごとく器用に使っているであります。
って~ことは4本の足(手)を使えるサルはもっともっと進化してもいいはずじゃん?

でもサルは昔からサルであって、この先もサルなんであります。
ダーウィンの進化論もちょっと無理があると思うのでごす。
spi021.jpgspi022.jpg

サルが進化したんではなく、ヒトはヒトとして宇宙人(神)の創った生命体なのであります。
もちろん、ヒトに限らず地球、宇宙の全ては神の創造物でありますが(これは誰しも異論ないと思います)、類魂が地球上でもっとも学習しやすい造形(魂のぬいぐるみ)をヒトという肉体にあらわされたのだと思うでごす。
spi028.jpg

宇宙人(神さま)が時のタイミングで類人猿のDNAをチョチョイと操作して、尻尾をなくし二足歩行しやすい身体をつくり、知能的にも進化を加速するプログラムを施したのであります(と、ワタクシは思ってマス)。

だからヒトは宇宙の進化・救済のため学ぶべきことがあって生まれてきたのであり、それに適した肉体を纏っているわけでありますが、キチンとした肉体のメンテナンスや使い方をしていないと、どんどん神の本来の意思からズレていってしまうのではないかと思うのであります。
spi026.jpg

文明はより深く広く学びの機会を付与されるために人類にもたらされた特権であると思うでごすが、最近はその方向がちょっと???と思うこと、皆さんもありませんだすか?
spi024.jpgspi023.jpg
spi025.jpg

地球が「猿の惑星」にならないよう、皆が少しすつ謙虚で慈愛溢れる毎日を送り、本来の目的に少し気付けるようになるといいだすね♪
spi027.jpg

[edit]

一周年♪ 


hiro1-63.jpg
当ブログも1周年!
昨年の節分より130回余りのUPでごす。
毎日というわけにもいかずすまんことですばい。

話題もあっちゃこっちゃでこれといったポリシーもなく偏見に満ちた内容にも関わらずお越しいただいた皆さんには感謝感謝でごす。毎回必ずポチしてくださるアナタ!ありがとうございます。

これからも適当ですが綴っていく所存でごわすので、気が向いたらお付き合いくだされ!
ありがとうでごす♪

[edit]