FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

認知症介護の責任って? 

2007年12月にワタクシどもの住む隣町のJ○東○道本線、共〇駅で認知症で徘徊していたおじいさんが列車に撥ねられ死亡する事故がありますた。
hiro1-64.jpg
鉄道事業者J○東○は一時運休による代替輸送に要した経費をこのおじいさんの家族に賠償請求しますた。
裁判では名古屋高裁までの二審とも家族に賠償請求を命じる判決がでておりますた。
家族がこのおじいさんの監督義務を怠ったがための事故である、ということであります。

この判決に関して先日最高裁での弁論があり、来月その判断が示されるようであります。

このおじいさんは資産家であり、家族が監督できないのであれば施設へ入れるなり専門スタッフを雇用するなりのケアができていたのかもしれませんので、そのへんの事情もあっての判決かと思うでごす。
hiro1-65.jpg

我が家のバアチャン(ワタクシの実母)ももう10年近く認知症施設でお世話になっています。最近は随分身体も衰えますた。

でも以前は家にいる間目が離せませんですた。
我が家ではワタクシとマミさんと二人しか介護者はいませんだす。
アチャンが施設から戻ってくる一月間はヘトヘトでありますた。
そんな中でもほんの少し、1時間程度目を離したときに家の中を歩き回って転び頭から大出血で救急搬送されたこともあります。

介護にまつわるいろんな事件事故が伝えられますが、その悲しさ、やるせなさは現実に当事者でないと多分わからんのでありましょうなあ。

先のJ○の事故にしても介護者の奥さんが少しまどろんだ隙におじいさんはお散歩に出かけてしまいますた。
それでの事故らしいでごす。

J○東○と家族との感情的な縺れもあるでしょう。
なので賠償の是非はワタクシにどうこういう資格はありませんだすが、なんとも割り切れない気持ちはあるのであります。

元来ヒロさんはあまり社会面には興味がないのでごすが、ちょっと思うところがあって書いてしまいますた。ちょいとシビアでありますた。
ご無礼しますた!
hiro1-66.jpg
スポンサーサイト



[edit]