FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

リニアその3 

一昨日、山梨県早川町で本格工事が着手されますた。
中央リニア新幹線のトンネル工事であります。

河口湖から甲府方面へ向かうには国道137号をひたすら下るのでごすが、笛吹市に入るとコンクリートで遮蔽された不思議な陸橋が国道を跨いでいるとです。
この無機質な構造物は一体?そうだす、中央リニアの実験線なのであります。
sizen047.jpg

中央道大月IC近くにあるリニア見学センター界隈では当然車両が見られるようにオープンの軌道なんでごすが、この137号跨ぎは実用線同様、クローズの軌道となっておるでごす。だから乗車してもこのあたりはトンネル通過状態でなんも楽しくはないんでしょうなあ。

東京名古屋間の86%がトンネルという中央リニア新幹線。車窓の景色も変わることなく(ずっと真っ暗)で目的地に着いてしまう、乗り物で移動するというより東京から(品川かな?)タイムマシン、ワープマシンで、あっという間にエビフリャ~、ってな感じでしょうか。
sizen048.jpg

ですからリニアは旅ではなく完全に移動の手段なんでごすね、旅はその行程も含めた移動のことをいうのだとワタシは思うだす。

そういえば飛行機もそうか~?でも飛行機は青空や星や地球の皮膜を眺めることができるよな。
飛行機も排ガスで大気を汚し、騒音を撒き散らし、ってことはあり、それに対してリニアは電気を大食いし電磁波・騒音を撒き散らすという同じような功罪はある訳だすが、決定的に違うのは悠久の時間を経て成立してきた自然、山々に大きなダメージを与えてしまうということなのであります。

これまでも道路や鉄道の建設ではずい分自然をいじめてきた歴史はあります。
ただし、基本的にはその地域に暮らす人たちのための施設であれば、多少のことは自然も許してくれてきたのだろうと、勝手傲慢な言い訳をしてきました。

でも、東京・名古屋間の高速移動だったら東海道新幹線があるじゃない。
あえて数十分の短縮のために中央構造線や糸魚川静岡構造線またフォッサマグナを横切り、30万年の歴史を持つアルプスの地盤水脈を歪めちゃっていいんかなあ、と思ってしますのであります。
sizen049.jpg

中ボーの頃リニアの仕組みは面白いと思って模型も作りますた。しかし、国道137号からリニア実験線を眺め、これが西に延長されて赤石山脈をグリグリして行くんかなあ、と思ったら何だか切なくなりますた。

※アマテラスさんの胎盤を納めたといわれる恵那山。たびたびそのお山のトンネルを通過させていただき八ヶ岳方面へ出かけるとです。
矛盾しているようですが、ありがたく利用させていただいております。
でもトンネル前後は中央道屈指のアップダウンとコーナーが続きます。気を引き締め、心して利用せよ、禊ぎの一種かなあ、なんて勝手な言い訳をいたしておるでごす。
sizen050.jpg
スポンサーサイト



[edit]

« バアチャンの忘年会  |  忘年会 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/107-3ec259b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)