FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

カーペンターズ 

hiro04.jpghiro05.jpg
今月4日はカレン・カーペンターさんのご命日ですた。カーペンターズは’70年代のポップスシーンを彩る素晴らしいユニットですた。兄ちゃんがピアノを弾いて妹がドラムを叩きながら歌、というトリッキーなスタイルもあっただすが、今聴いてもまったく素晴らしいフレーズや歌声でありやす。カバーも沢山。素材が上質だからでごすなあ。
しかし、当時ヒロさんは「カーペンターズ=軟弱音楽、音楽はブルースだ!」と表向きツッぱっていますた。確かにブルース、黒人音楽、12小節スリーコードにはブルブルくるもんがありますた。でも、ホントをいうと、一方では人知れずヤマハで東海林修・監修のポップス作編曲講座で、カーペンターズの曲作りを学んでいたのでありますた。な~るほど、リチャードさんの曲はこういう具合にツボ押さえてあるんか~、こういう仕掛けがビビッとくるんか~、こういう展開か~マジックだなあ~、とかいろいろ「本当はカーペンターズってすごいなあ」なんて思っていたのでごんす。
兄ちゃんは薬物中毒、妹は拒食症で栄光の裏側も体験されますた。当人にとっては必要な経験だったんでしょうなあ。
んでも、最近にない良質ポップスを沢山残してくれた功績は世界中が認めるところだす。
すんばらしいだす。感謝、感謝。

スポンサーサイト



[edit]

« 共振と共鳴  |  医療? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/11-b70d607d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)