FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

秋祭り 

この土日曜日は氏神さんの秋祭りでありますた。
自治会組長としての関わりは7年ぶり2回目であります。恒例とはいえ副組長さんともども大変な労力と出費を要するのでありますた。
hudoki068.jpg

我が町は弱小超高齢化町内なんで「お祭りもたいへんね~」なんて町内の皆さんも異口同音ではありますが、いざ、やればやったで皆笑顔で楽しそうだすし、数少ない子どもたちもお菓子頬張り太鼓叩いて楽しそう。
hudoki071.jpg
hudoki073.jpg

なんで、弱小町内ではありますが「ま、年に1回のことだから」なんて、終わってしまえば、来年度役員さんへの引き継ぎばかり考えてしまっているのであります。

我が町は弱小でありますが、氏神さんの秋祭りとしては市内でもかなりの規模を誇っております。
25・42歳の厄年男衆が行う餅投げなんぞは、神社に隣接する小学校の校庭特設会場で行われ、櫓の半径50mにヒトひと人!
餅の量も厄年にあわせ42俵!ハンパないでごすが、景品もビックリ豪華なためネットでも注目され、近隣市外からもたくさんのファンが集結するのであります。
hudoki072.jpg

餅投げ=一般には「餅まき」というらしいでごす。しかし「まく」というと優しくアンダースローで放る、という語感がありますが、ウチの場合は「まく」程度では届かない、遠投を要するオーバースローの、まさに「餅投げ」なのであります。
この餅投げは厄落とし。確かに毎年、餅を拾いに来て救急車で運ばれるような厄を拾っていくお客さんもあります。

ワタクシもお餅は好きでごすが、今では「渦中に餅を拾う」ような暴挙は遠慮して、遠くまでコロコロと所在無く転がってきたお餅をありがたくいただき、悦に入るのでありますた。
hudoki069.jpg

今年も大きな事故も無く終わりますた。めでたしめでたし。
スポンサーサイト



[edit]

« ヤマハの気概  |  ボーダーコリーのアイシャ 秋の受難 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/115-47b985f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)