FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ヤマハの気概 

今回はマニアックな話でごす。ご容赦!
秋物入れ替えついで?思い立ってずっと格納状態であったギター、ヤマハSC1200の埃払いをしますた。
music064.jpg
music062.jpg

このギターもワタクシの元へ来て早40年足らず経ちますた。購入当時ワタクシはまだ学生ではありますたが、家でタダメシを喰らい稼いだバイト料は楽器や遊行費に使ってまえ、という恵まれた体たらく生活を送っていますたので、このギターもちょこちょことバイトして買ってしまったんであります。

当時のエレキギターの世界標準、メーカーの双璧はフェンダー社とギブソン社でありますた。ギター小僧たちはこのいずれかのメーカーのギターを手に入れることを目標にせっせとバイトに励んだものであります。
music069.jpgmusic073.jpg
music070.jpgmusic074.jpg

ワタクシもそうでありますたが、名古屋のヤマハで発売されたばかりのこのギターを見た瞬間、フェンダーにもギブソンにもない艶かしさに思慕してしまったのであります。
今あらためて眺めてみてもスルーネックの曲線で構成されたボディシェイプは美しい!弾く姿を見る人からはわからない部分でごすが、グッときてしまったのであります。音も確認せずろくすっぽ試奏もせず即決購入したのであります。
music063.jpg

当時は国産メーカーもトーカイ(東海楽器)がフェンダーを、グレコ(富士弦楽器)がギブソンを主にコピーしていますた。
オリジナルデザインのエレキがまだ少なかった時ではありますが、ヤマハSCシリーズはフェンダー製ストラト・キャスターの頭文字SCを冠し、大まかなデザインはストラトを敢えて模しながらもディテールでいくつかの違いを打ち出しております。
これはヤマハ職人の「オレならストラトをこんな風につくってやる」という気概の表れであると言われております。ちょっと挑戦的な動機かとも思うでごすが、確かにフェンダーを意識しつつ、なるほど、こうきたか!というような点はいくつも見られるのでごす。

まず前述のスルーネック、(後年購入したストラトのネック付け根の画像で比較してみてね)当時はジャズギタリストの渡辺香津美さんとかべーシストのスタンリー・クラークさんが使っていたアレンビックという超高級メーカーのものしか知りませんですた。
ヘッドからボトムまで一本材なので、音の伸びが違うとか歪みがでない、とかいいますが、その美しさが一番の魅力でごす。
music066.jpg
music068.jpg

またストラトにはスタンダードであるトレモロアームを敢えて装着しておりませんごす。(当時ヤマハには完璧なトレモロユニットがなかったから、という説もあるでごす)
※トレモロアーム…寺内タケシやエレキの若大将で有名なモズライト社のギターに標準装備されていますた。アームを上げ下げすることで弦の張りを一機に変え、びよ~んぐい~んという効果をだします。
music071.jpg

また当時ストラトキャスターの名プレイヤー、ジェフ・ベックが編み出したフェイズ・トーンというストラト特有の音色を、特別な加工を要せずピックアップのスイッチ処理で簡単に作り出せる仕組みも備えていますた。
music072.jpg

材質でもボディはストラトと大きな違いはありませんが、指板はストラトがギターでは一般的なローズウッド(紫檀)かメイプル(楓)であるのに対し、ヤマハSCは今では入手困難、バイオリンのストラディバリウスと同じエボニー(黒檀)であります(質はちがうかな?バイオリンでは弦を指板にグリグリ押し付けるので黒檀の堅さが必要だすがギターではそこまで?という感もあるでごす)。
インレイも天然貝であります。
music065.jpg

てなことで、結構気合いが入っていたギターではありますが、反骨精神というか動機がちょっと穏やかでなかったせいか、3~4年で姿を消しますた。ワタクシもメインで使ったのは1~2年だったかと思うでごす。
でもあらためて弾いてみると、その驚きのクリアサウンドにヤマハ開発者の気概が感じられるでごす。
若かった頃はクリアすぎて自分の技量のアラが目立ち、ごまかしがきかなかったところが使いにくく感じていたんでしょうなあ。
若い頃はいろいろごまかしてきたもんなあ。
あらためて丁寧に弾く大人の一品であると思い直した次第でありますた。

スポンサーサイト



[edit]

« 今日は何の日?  |  秋祭り »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/116-9ae63513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)