FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

ボーダーコリーのアイシャ その3 

aisha01-1.jpg
「このこの祖父母は豪州チャンピオンですよ」と言われた。しかし、一概にチャンピオンといってもその評価基準はいろいろあるでごす。普通はドッグショーで優雅にたたずむスタンダード犬の美しさをイメージしてしまうのでありますが、アイシャの場合「どこが?」と思うのでありますた。あえてゆーと、ボーダーコリー特有の、それ以上の際立つアクティブ能力、っていうか、すばしっこさということだしょう。

アイシャを迎えたとき、まだワタシとマミさんは40代。「ボーダーは運動させなきゃいけないから、散歩も大変ですよ~」とか聞いてますたが、体力・運動能力に自信(おごり)があった私ヒロさんは全く問題視していませんですた。
しかし、すごかった。生後2ケ月できたんだすが、家の中では寝てるか走り回ってるか。そして、その走りっぷりは弾丸ごとく目に止まらない。スタートダッシュは黒煙立ち上げホットロッド、カーブはフローリングを削りながらドリフト走行、ソファー・テーブル、障害物間ではガシッガシッ、ガシッ、ピンボールのように弾け飛び、家中キズだらけ。
寝ている間は可愛い天使。目を覚ますと悪魔の最終兵器。ホント、往生こいた(名古屋弁)。
aisha0-06-1.jpg

生後3ケ月で早くもお泊りに出かけますた。南信州の森林公園にオープンしたワンコ連れの宿。まったくやんちゃで、マミさんの手元からスルリと逃げ出したアイシャ。「わっほーわっほーうひゃうひゃ」ピューとどこかへ消え去りますた。「もういい、アイシャなんかほかって(捨てて)やる!」。その場を立ち去ろうと振り返ると、「ウヒヒ、ごめん。」いつも間に戻ってきたんや。シーン展開の素早さに我々はついていけんのありますた。当然ではありますが、このお宿にも損害を与えたことは言うまでもありません。その節はご迷惑かけますた。
aisha0-04-1.jpg

こうして、アイシャのおかげで、ヒロさんマミさんは自らの体力気力根気力、あらためて鍛錬しなおす決意を固めたのでありますた。
aisha0-01-1.jpg
aisha0-08.jpg


アイシャシリーズは続く♪
スポンサーサイト



テーマ: ♪ボーダーコリー♪

ジャンル: ペット

[edit]

« サクラ  |  今日は何の日? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/19-f3e8e492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)