FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

社会問題、鳥インフルエンザ 

hiro1-206.jpg
hiro1-205.jpg
名古屋の東山動物園の黒鳥が鳥インフルエンザに感染したとかで、飼育されてたたくさんの野鳥類が殺処分となりますた。
鳥インフルエンザといっても自然界には当たり前に存在しているわけで、野鳥たちの世界の中では今に始まったことではないのであります。

そのウィルスが家禽類に伝染するうちに変異を起こし、高病原性となって家畜やヒトに感染すると厄介なことになるんで、忌み嫌われているのであります。

しかし、変異を起こすのはウィルスの逞しさもあるかもしれませんが、ヒトや家畜の抵抗力の問題もあると思うのであります。
もともと自然の仕組みのなかで生かされている立場でありますので、自然の営みのなかでは異物は近寄らないのであります。

本来、草を食する動物たちは家畜化され、抗生剤やホルモン剤まみれの動物性飼料を食べさせられる。
また、そんなふうに育てられた家畜の死肉はいろんな添加物で調整されヒトの食糧として当たり前に食卓にのぼる。
そんなんで育った家畜もヒトはもはや本来の強さを失っているのであります。

hiro1-204.jpg
ウィルスの変異以前に身体のほうが変異してしまっているのであります。
へなへなになった家畜やヒトを守るため、鳥インフルエンザに犯された鳥たち、またその近くにいただけの鳥たちも、ただただ処分されてしまうのであります。

自分のことは棚に上げ、ちょいと気になったんで偉そうに所見を書いてしまいますた。
hiro1-207.jpg
※画像に特別意味はありましぇん!

スポンサーサイト



[edit]

« 八ヶ岳デイズ・・・その10  |  オラの手 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/229-e78a6a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)