FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

諏訪へ行った 4 

先月7日から15日、「くらもと古本市」、諏訪酒蔵読み歩き(呑み歩き)が上諏訪駅前の酒蔵5軒で行われていますた。年2回の開催だそうだす。
諏訪大社に出かけた際、偶然見つけたんですが、以前に八ヶ岳の友人にこのイベントを聞いておりまして「アッこれかっ!」てな感じで足を(車を)止めてしまいますた。もともと酒蔵にはついついつられてしまう習性があるのでごす。

suwa20.jpg
初めての酒屋さんでごす。平日であったのに若いお客さん中心に賑わっていますた。お酒の試飲ももちろん。マミさんがテイスティング、ワタシは買う人?ここでは古本一冊何でも300円で頒布してますた。

suwa21.jpg
もともと予定外なので、早く帰ろって思ったものの、ここは素通りできなかったっでごす。ここでもテイスティング。こちらは300円で蔵のソムリエおねえさんが商品解説と商品選びのアドバイスをしてくださいます。グラス付き。ワタクシも話を聞かせていただいたので、お値打ち300円だす。
suwa22.jpg

このあたり諏訪のお酒は霧ヶ峰の伏流水を使っています。谷桜は八ヶ岳の水であったり、七賢はアルプスの水であったり、水って見た目は透明で一緒なのに、どこの山で揉まれたかでその味わいは微妙に違います。米・麹が異なり仕込み熟成が異なり甘い辛い、個性の違うお酒でも同じ水であれば、必ずその水の育った山の風味がすると思うのでごす。
ルーツってそういうことかと思うのですた。
ろくすっぽ知りもしないのに偉そ~に書いてしまいますた。ご笑納くだされ。
スポンサーサイト



[edit]

« 清里へ行った3  |  ヒロさんの初級「倍音」教室!(補足) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/26-915bdea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)