FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

黄金比 

このブログで使用している画像は少し横長でごす。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんだすね。
通常のカメラの画像は縦:横の比が3:4ですがワタクシの場合5:8に加工して使っておるでごす。
そうだす!、黄金比(近似値)の画像としておるのであります。

なぜ、といってもピラミッドで使われている、とかパルテノン神殿で使われている、とか、ミロのヴィーナスとか、そんな神秘性を持たすためではござりません。
キビキビ走るスポーツカーの4輪の縦横が黄金比である、そんな程度の発想であるのでごす。

sizen029.jpgsizen030.jpg
sizen033.jpgsizen034.jpg

よく言われたオウム貝の螺旋はこじつけのようでごすが、造形の安定した形として自然界の生物がその形を選ぶことは当たり前のことであるとです。

人がデザイン的に美しい安定感のある形を求めたらたまたま黄金比であった、ということと、貝が気持ちいい形を選んで進化した結果、黄金比であったということは、そんなに変わんないのであるとです。

人でも最初は単細胞。貝類も人類ももとはそんなに変わんないであります。
sizen032.jpgsizen038.jpg

でも、フィボナッチ数列は不思議でごす。
黄金比もフィボナッチの一部ですが、松ぼっくりだのヒマワリだの、なんで自然界にこの数列に支配された形があるんでしょうかなあ。
sizen036.jpgsizen037.jpg

自然、宇宙は不思議だす!
sizen035.jpg


スポンサーサイト



[edit]

« ヒロさんの初級「音楽」教室!(サワリ)  |  今日は何の日? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/60-bb02d719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)