FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

今日は何の日? 

本日7月21日はリチャード・ティーさんのご命日であります。
なんと、もうお亡くなりになって22年も経つのであります。
70年代にティーさんがピアノをつとめた「スタッフ」という超個性派スーパーセッションバンドがフュージョン界、ブラコン界を席巻しますたが、確かにすごいメンツですごいグルーヴを持ったバンドでありますた。
hiro1-18.jpghiro1-21.jpg


ゴードン・エドワーズ(B),スティーヴ・ガッド(D)&クリストファー・パーカー(D)のゴリゴリ超ヘビーボトムに、エリック・ゲイルとコーネル・デュプリーのコテコテチョーキングギター。
このリズム隊だけで味噌カツに手羽先と海老フライを付け合せたうえに小倉・餡かけトッピングのワンプレート、って言うような濃厚さなのでありますが、さらに飯モノはコレだぜ「ひつまぶし」っ的に一気に名古屋メシのグレードを印象付けるかのごとくがリチャード・ティーさんのピアノでありますた。

hiro1-20.jpghiro1-19.jpg

フェンダー・ローズのフェイザーうねうねトーンで独特のリズムワーク、数秒もかからず彼のプレイとわかります。強烈個性が際立つバンドにあっても、他を自然と引っ張り込んでしまう超超個性的なピアノでありますた。49歳で亡くなるまでに400枚以上のレコードにプレイが残されましたが、どのセッションでもそのトーンとグルーヴは健在であります。
でもすんごいバンドでした「スタッフ」。誰一人流麗華麗なプレイはしません。エモーショナルで泥臭く、一見淡々単調なプレイのように聴こえます。
しかし、そのグルーヴ、味わいにおいて、まさに歴史に残る唯一無二の偉大なバンドではなかったかと思うのであります。
スポンサーサイト



[edit]

« 日帰り八ヶ岳  |  今日は何の日? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/83-2483ba99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)