FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

蘇生 

hiro1-36.jpg
hiro1-35.jpg
hiro1-37.jpg

上映会へ行ってきますた。
「蘇生」
面白かったでごす。
また今回は監督の白鳥哲さんやメインテーマの有用微生物群をこの世に顕しめた比嘉照夫さんのトークもあり、半日しっかり、これまた有用な時間を過ごさせていただいたのでありますた。

有用微生物群、EMボカシっていうのも二十数年に初めてその名を聞きましたが、ワタクシのもとへ入ってきた情報はちょっと怪しげなものであったように思います。その情報の拡散ルートに問題があったのかもしれませんだすが、当時ワタクシ自身の心眼もかなり曇っていたんでしょうなあ。
で、EMで放射能が消えるそうな。福島県富岡町で検証中らしいのですが、「低減になんらかの作用があるらしい」ってな曖昧なことでなく、比嘉さんは「消える」と断言されています。人体内のマクロファージのように放射線を捕食し成長する力がEMにはあるそうな。
また微生物、光合成細菌には酸化や+電化を防ぎあらゆるものを蘇生の方向に引っ張り上げる(シントロピー)力があるそうな。全てのものは生まれた瞬間から崩壊へ向かうというエントロピー法則、常識がひっくり返りますでごす。

東京日本橋では数年前よりボランティアが毎週6tのEMを川に投入しており、今では母川回帰の可能性も十分とのことで鮭の稚魚を放流しているそうでごす。名古屋でもEMで堀川浄化や三河湾伊勢湾浄化を行っている人たちもいらっしゃるとのこと。知らんかった、ありがたいことです。
岡田茂吉さんとの関係からか、世論も厳しい時代があったようではありますが、確かなものは実証がゆるぎない存在を語ります。「自然即神也」よかったよかった。

お誘いいただきありがとうございました!
スポンサーサイト



[edit]

« 科学不信の碑  |  あれれ! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosroom335.blog.fc2.com/tb.php/93-1055ae90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)