FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

一日一食、聖者の食事 

テレビのバラエティ番組はほとんど観ることはないのでありますが、先日ちょっと気になるタイトルがあったので、観ますた。

「私の何がいけないの?、一日一食芸能人の遺伝子徹底調査!」なんつー番組でごす。
初めて観ますた。おっどろいた~。
health007.jpg

一日一食生活を続けている芸能人、サンプラザ中野くんと未唯Mieさんの食生活を紹介し、そのうえで現代医学的な検査結果からお医者様がコメントする、っていうような番組ですた。

Mieさんの1食は夕食のドカ食い、美容を考えコラーゲン関係を食べまくる、というもので、中野くんの夕食は自然に優しい穀菜食を適量に、といったものですた。

Mieさんの日常はスタイルお肌、とにかく若さを保つため生活そのものがエクササイズであるのに対し、中野くんは父親の大腸ガンをきっかけに甲田療法を実践し、勉強してホメオパスとなり、そして生活スタイルはヴィーガンを徹底しております。

んで、検査結果のコメントはエクササイズと動物性蛋白をしっかり摂取しているMieさんは20代の足腰、ただしドカ食いの副作用でお肌の潤い不足ということで、中野くんに関してはビタミン不足で足腰骨年齢70代後半ということですた。

んで、Mieさんの食生活がゲスト芸人さんや司会者から一応の理解をされ「だから年齢にはとても見えない、美しいんだ~」なんて評価をされておりますたが、一方、中野くんは若い女医さんから、「偏った菜食が原因、ビタミン豊富な魚や卵を食べなさい、このままでは寝たきり老人になりますよ」と脅され、コメンテイターの西○史○さんなんかからは、侮蔑に等しいような変人扱いをされておりますた。
health005.jpghealth006.jpg

一日一食の芸能人は沢山います。ビートたけしさんやタモリさんや福山雅治さん・・・榎木孝明さんは先日不食30日で注目されますた。
しかし、バラエティ番組なので真面目な取り組み姿勢そのものがタブーでしょうし、大物芸人を取り上げ茶化すのもこれまた不可能なんでしょうし・・・仕事とはいえ、まな板に上げられた中野くんは気の毒でありますた。はっきり否定されてますた。

不食・少食を実践する人が増えてその素晴らしさや、三食のマチガイ、また過食の愚かさ、っていうようなイメージが拡散すると、食品関連や医療関連も大きなダメージ受けるでしょうし、ましてやTPPどころではなくなってしまうと思うでごす。

プロパガンダ、テレビっていうのはすんごいですね。そういう番組がファミリーや子どもたちのゴールデンタイムを占めているということは・・・

我が家も多少少食に傾いているでごす。んで、一日三食、必須ン十品目はウソだと思います。
食べることはすんごいエネルギーを要します。朝をしっかり食べなきゃ、身体が動かんよっ!はウソです。前夜の食事を消化し終わったところへ、また朝からガッツリ消化器系に負担をかけるなんてことは、いいわけない、と思うだす。

また、若干論点は変わりますが、食べないことによる飢餓感が自己免疫力を向上させたり細胞の抗老化遺伝子を目覚めさせてり、といったこともあるようでごす。
食べないことは末期ガンをも克服できるようであります。

とにかく一日一食は聖者の食事、二食は人間の食事、三食は野獣の食事という諺もあるようだす。

ワタクシも現在雑食、プラーナで生きられるまでには今生では到達できないと思いますが、少食は心にも身体にも幸せを呼び込む誰にもできる簡単な方法であると思う今日この頃なのであります。
health008.jpghealth009.jpg

[edit]

デトックスデー 

久しぶりにマミさんが毎週通う名古屋の学校へおじゃますますた。
hiro1-40.jpg
先回ワタクシも驚きますたが、やっぱり珍しいんでしょうなあ、若者が写メールしてますた、出汁の自販機!
hiro1-41.jpg
名古屋にもアルヨ、アルプス!槍ヶ岳や北岳のアルプスだけではないのだ!
hiro1-42.jpg
異様な香り漂うディープな市場通りを抜け、
hiro1-43.jpg
ミッドランドスクエアを仰ぎ見て、
hiro1-44.jpg
海抜2mの柳橋付近、
hiro1-45.jpg
マミさんの通う名古屋スクールがあるのであった。

本日は公開講座で校長であられます「ゆ〇と〇こ」さんの講演会なのでありますた。
同種療法のことはマミさんが日常的に実践してくれているので、不真面目なワタクシでも何となくわかるのであります。
と〇こさんの話は具体的に記せませんだすが、真理に向かっている方のお話はアプローチはちがってもピークは同じであります。
一つ、「厳しい人生を歩んでいる人は、やる気があって転生してきたんだ、神に愛されている人なんだ」「自分を愛せばいいんだよ!」
ってなことかな?
人間「と〇こ」さんの力強さに惹かれるでごす。

hiro1-46.jpg
帰り道、オープンカフェ、ザ・モルツ100円也、
hiro1-47.jpg
ミッドランド1Fでも特設ワイン・テイスティングイベント!

ん~、ごっくん、いやいや今日は毒出しの日なのであります。
お疲れさまですた。

[edit]

わらべ村アースマーケット 

岐阜県の自然食品ショップ「わらべ村」さんのアニバーサリーセール兼アースマーケットへ行ってきますた。
health001.jpg

アニバーサリーなんで昨年は駐車スペースだったところまで出店スペースとなっており、大盛況!
車ナンバーは市外県外も多数あり、また若い世代が多いでごす。
ファッションではなく生活そのものがアーシーな人たちが増えてきているんですなあ。
マックやKFCのお値打ちセットを楽しむ若いファミリーが世間の多数ではあるのでしょうが、こういうところに価値を求めるファミリーも着実に増えていると思うでごす。
心と身体の不健康、アンバランスはどっから来るのか気付いている人たちが増えていると思うのでありますた。
health003.jpg
今年も八ヶ岳から出店されておりますた。
health004.jpg
特設屋外レジにも長い行列。
health002.jpg
若い世代のお客さんが多いでごす。

[edit]

保養の常識? 

春だから?明日から4月だから?職場では体調を崩している方々が結構います。へ~っくしょん、じゅるじゅる、発熱、下痢、腹痛、神経痛・・・
kenko001.jpg
ワタクシも子どもの頃は風を引いたりして寝込むと、食欲なくっても栄養とらにゃいかんから、といっては母がおかゆや雑炊を作ってくれますた。これはこれで母親の優しさであり、世の多くの「常識」であるかと思うでごす。

しかし、動物たちは具合が悪いと休息はするものの食べません。食欲がなくなれば食べない、当たり前でごす。なぜ食欲がなくなるのか?食べ物を消化吸収することは結構大変なことで、そちらにエネルギーを費やすゆとりがないことを、本能的に「動物」の身体は知っているのでごす。
食べずにじっとして、免疫が働きやすい状態を保持しているのでごす。具合が悪いから心配、といって、ジッとしているワンコの口を開けて給餌しようとすると、ガルルッ、ってかなり興奮して怒ります。
kenko003.jpgkenko002.jpg
身体は何でも知ってます。熱も嘔吐も下痢も鼻水も、出すことの大切さはウンチやオシッコとそんなに変わんないと思うでごす。食べないことの大切さも、またしかり。
風邪を引いて薬飲んで食欲なかったら栄養ドリンクを!って、これこそ宣伝に踊らされているプラシーボではないかと思うでごす。
だったらワタシどもにはビールの方が効くかもね、なんて思うのですた。

[edit]

医療? 

確定申告書を書きますた。(といってもインターネットで)
hiro09.jpg
私ヒロさんはサラリーマンなのですが、毎年、源泉所得税の還付申告をやっているでごす。主にバアチャンの医療費控除でごす。(※バアチャン:私の実母、要介護認定老人)
そこで、そういえばここしばらく、マミさんも私も医療費を使っていないことに気がつきますた。(うんにゃ、医療費控除の対象となるメンテナンスをしていない、っていうのかな)バアチャンの領収書しかない。

マミさんは、ちょうど二年前、救急搬送で諏訪赤十字病院に運ばれ、緊急入院となったことがあるでごす。その日は、もともと体調が良くない状態で八ヶ岳に誘いますた。出かける前にも朝一でお医者へ行ってアレルギー関係の処方をしてもらっていますた。それで夕方、呼吸困難になって富士見高原病院に時間外でかかり、そこの先生が救急で諏訪まで付き添ってくださったのでごす。咽頭部切開か、というところまで切迫していましたが、大量のステロイド投与で何とかその場は助かりますた。
原因はよくわかりませんが、これまでの「異物」に対する身体の素直な反応なんかな、とマミさんは思った訳でごす。

以来、医者にはかからず新薬も口にしておりませんだす。排毒の促進、自己免疫・治癒力の向上を図るため、食べ物や酵素、同種療法などいろいろ実践してきたでごす。おかげで病院や薬局からずいぶん遠ざかったものの、寝込んだり塞ぎ込んだりすることがなくなったでごす。

現代医療というのは負の連鎖かな、と思ってしまうだす。具合の悪い「ここ」を治すために、健康な「そこ」を苛め、「そこ」を保護するために「あそこ」を犠牲にする。何か、そんな感じしません?
大量に処方される薬。果たして身体は必要としてんのかなあ?風邪をひいて、どうしても大事な用事があったりして解熱薬を飲むことはあるかもしれんだす。んでも、熱は一晩で出し切ればよっぽど下がります。

「頭がいた~い」→「医者へ行ってこい」。辛さの訴えに対する親切そうでもっとも気持ちのない返事かなあ、と思うワタシでがんす。
-- 続きを読む --

テーマ: 癒し・ヒーリング

ジャンル: 心と身体

[edit]